シャンプーが合わない原因と対処法、合うシャンプーの選び方

シャンプーが合わない シャンプー全般について

悩みに悩んで、成分も気にして……、それでも「シャンプーが合わない!」ということ、ありますよね。

「なんで? 肌に優しいのを選んだはずなのに!」「またシャンプーを探さないといけないの?」「お金もったいなかったな……」とガックリきてしまう気持ち、わかります。

このページでは、あなたにシャンプーが合わなかった理由は何が考えられるのか、そしてどうすれば良いかをお伝えしていきます。

シャンプーが合わないと感じる原因2つ

かゆみが出たり、べたつきを感じたり、地肌にトラブルが起きたり……。こういった状況では「シャンプーが合わない」と感じる人が多いと思いますが、その原因は大きく2つに分けられます。

  • 適切に洗えていない(洗いすぎ or 十分に洗えてない)
  • シャンプーの成分が合っていない

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

適切に洗えていない

洗髪

強い洗浄力のあるシャンプーでがっつりと髪を洗ってしまうと、頭皮に必要な皮脂なども洗い流しすぎてしまい、乾燥やかゆみ、フケなどのトラブルを起こしてしまうことがあります。

特にアルコール系の界面活性剤が入っているシャンプーは洗浄力が高いと言われています。肌が弱い人や乾燥気味な人は要注意ですね。

では逆に肌に優しいシャンプーを選べば間違いないのかと言うとそうでもなく、アミノ酸系の優しい洗浄力のシャンプーでは十分に汚れを落としきれないという人もいます。

これは頭皮のタイプによっても変わってくるポイント。大事なのは、「シャンプー選びを間違えると、同じ洗い方でもトラブルになることがある」ということですね。

もちろん、適切なシャンプーを選んでいても、「42℃の熱いお湯ですすいでいる」「頭皮に爪を立ててガシガシ洗っている」などの悪いシャンプー方法を実践していると、トラブルが起きる可能性が生まれてきます。

シャンプーの成分が合っていない

シャンプーボトル

髪の洗い方に問題がない場合は、そのシャンプーに含まれている成分自体が合っていない可能性を疑いましょう。アレルギー反応を示してしまう成分が入っているなら、当然そのシャンプーは避けるべきです。

アレルギーが疑わしい場合は、皮膚科で一度診てもらうのが良いですね。成分が特定できれば、今後は避けていくことができます。

シャンプーの成分表示では、多く含まれている成分から順番に記載されています。メインとなる成分について多少の知識を付けることで、シャンプー選びの精度がぐっと上がりますよ。

シャンプーが合わないと感じた際の対応

ここからは、かゆみなどのトラブルが発生してしまっている人がどういう対応を行えば良いかをお伝えしていきます。

アレルギーが疑わしい場合は皮膚科へ行く

もしかしてアレルギーかも? と思ったら、一度皮膚科で相談してみましょう。「シャンプーが原因だと思っていたら、実はたまに使っているトリートメントに問題があった」ということもあるかもしれません。

アレルギー症状を誘発する成分が判明すれば、適切なシャンプーを選ぶ助けになります。

また、新しいシャンプーを使用する前には、パッチテストも行うようにすると良いでしょう。広い範囲にトラブルが発生してしまうのを防ぐことができます。

美容師に頭皮について相談する

美容室

頭皮も肌なので、オイリーな人もいれば乾燥気味の人もいます。自分ではなかなか判別が難しいと思うので、日々多くの人の髪の毛と向き合っている美容師に相談してみるのも良いでしょう。

ずっと担当してくれている人なら、自分の頭皮の状態も良く知ってくれているので、相談相手としてはピッタリです。

自分の頭皮に合っているのはどんなシャンプーなのか、プロの知恵を借りるのはとても良い手段となります。

適切な洗い方をする

前述の通り、たとえ自分に合っているシャンプーを選んでいたとしても、洗い方を間違えていれば、トラブルを起こしてしまう可能性があります。

お湯は皮脂を必要以上に流さないように、ちょっとぬるいと感じる38℃くらいがベスト。髪の毛は十分にぬるま湯で予洗いをして、その後によく泡立てたシャンプーを乗せます。

洗うときも、力を入れすぎずに指の腹を使ってマッサージするように洗い、コンディショナーなどの成分が残らないようにしっかりとすすぎを行います。

耳の上あたりの洗い逃しやすいところもしっかり洗うようにすれば、汚れが残ることによるかゆみの発生を抑えることができるでしょう。

自分に合った成分のシャンプーを選ぶ

髪の毛

自分に合わない成分が明確にわかる場合は、その成分を含んでいないシャンプーを選びましょう。

何が合わないのかわからない場合は試しながら探すしかありませんが、例えば洗浄力の強いシャンプーを使っていてトラブルが起きている人は、アミノ酸系の優しい洗浄成分を使ったシャンプーを選ぶと良いかもしれません。

「ラウリル硫酸Na」「ラウレス硫酸Na」などは洗浄力の強い石油系界面活性剤に分類されるものです。こうした成分を避けて、「ココイルグルタミン酸TEA」などのアミノ酸系の洗浄成分が入っているものを探しましょう。

また、今使っているシャンプーが合わないと感じているのであれば、そのシャンプーの成分表示から多く含まれている成分をチェックして、その成分を使っていないシャンプーを試してみるのがおすすめです。

そして、肌が弱いタイプの人であれば、刺激になる成分が含まれていない商品を選ぶと安心できます。「石油系界面活性剤不使用」「パラベンフリー」などの表記があるものを探してみましょう。

オーダーメイドシャンプーならあなたに合わせられる!

OK

ここまでの内容を読んで、「自分でシャンプーを選ぶのってこんなに大変なの……?」と思った方もいるかもしれません。市販のシャンプーの中から自分に合うものを探すのは、人によってはかなり大変でしょう。

そういう人に手っ取り早くおすすめできるのは、「シャンプーを自分に合わせる」ことができるオーダーメイドシャンプー。

mixx(ミクス)というオーダーメイドシャンプーは、8つの質問を通して一人ひとりの状況を確認し、それに合った調合で作られます。そのバリエーションは、なんと19,530通りもあるというから驚きですよね。

実際の質問内容は下記のページで詳しく書いていますので、シャンプー選びに悩んでいる人はぜひチェックしてみてください。

たった8つの質問に答えるだけのオーダーメイドシャンプーがすごい!
あなたは普段、何のシャンプーを使っていますか? ドラッグストアで500円~1,000円くらいで買えるもの、あるいはデパートなどで売っている数千円のちょっと良いものかもしれませんね。 では、あなたはなぜそのシャンプーを選んだのでし...

「避けたい成分があっても指定はできないの?」と思う人もいるかもしれません。そういう人は、公式サイトでmixxのシャンプーに使われる成分を確認しましょう。自分に合わない成分があったらmixxは使わない方が良いです。

特にアレルギー反応を起こす成分がないのであれば、自分の髪質や悩みに答えるだけでオーダーメイドのシャンプーが作れるmixxはとっても便利なサービスですよ!

まとめ

シャンプーが合わないというのは、意外と多くの人が感じている悩みではないでしょうか。洗い方からシャンプーの成分、果てはアレルギーまで、様々な原因が考えられるため、簡単に解決できないのがその理由かもしれません。

まずはシャンプーのやり方を見直してみて、それでも改善しなければ他のシャンプーを選ぶようにしてみると良いでしょう。オーダーメイドシャンプーなら、自分の髪質や悩みに合わせた処方のものを作ってくれますよ。

アレルギーが疑われる場合は皮膚科へ、そうでない場合は美容室で相談してみるのも良い方法です。一つひとつ確認して、トラブルの起きないシャンプーを見つけていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました